施工管理

施工管理では、人件費や材料費の原価などを管理をする「原価管理」、品質レベルを確保するため「品質管理」を行い、労働災害を防止するために「安全管理」を実施し、予定の工期で完成できるよう「工程管理」を行います。
大きな施設ほど、工事の内容は多くなり、工程も複雑になるでしょう。
計画的に工事を進め、質の高い工事をするためには、施工管理は欠かせません。
正栄電設工業では徹底して細かく丁寧に実施します。
国家資格である「施工管理技士」の取得サポートも充実しています。
工事打合せ現場確認中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業 務 名 業務内容
現場調査・
説明
実際に現場に行き、施工内容、施工の難易度、安全の確保ができた作業が可能かの確認を行います
見積作成 お客様より見積依頼を受けたら、見積の作成にとりかかります。内訳書とよばれるものから工事全体にかかる労務費・材料費・交通費・安全対策費等を算出し、御客様に提出します。
工事受注 見積書提出後、御客様との金額交渉のあと注文頂ければ、工事を受注となります。工事に必要な材料、作業員等の手配を行います。
工程表作成 工事に取り掛かる前に、工事期間に合わせた工程表を作成します。
工事開始・
危険予知活動
工事を行う際には、毎朝必ず危険予知活動を行います。これは全員参加で行われ、その日の作業内容・危険のポイント・その対策等を全員で考えます。作業員全員の安全を第一に考え、怪我をしないこと・させないことが管理業務として1番大切なことです。
工事期間中
現場巡回
施工範囲に危険はないか?また施工した品質に問題はないか?を実際に目で確かめていきます。危険があればすぐに対策を行い、品質不良があれば是正を行い再発防止に努めます。御客様に満足してもらえる品質のものを渡すのも管理業務のひとつです。
工事期間中
工程打合せ
工事現場というのは日々、変化しつづけます。他社との調整業務や天候等考慮しつつ現場の進捗に合わせて工期を守れるよう人員配置等を見直し、打合せを行います。危険予知活動・現場巡回・工程打合せを日々のサイクルとし、現場管理業務として行います。
工事完了後
集計
工事完了後、実際にかかった労務費・材料費・交通費・その他経費等を計算します。また工事期間中に発生した追加工事においては、別途見積書を作成し御客様に提出します。

 

→ 有資格について